休題閑話。つり乙おもしろ話と妄想小話

直近の記事があまりにDisってばっかりだったし次の卯衣チャレンジの記事も割と酷評な感じになるのでちょっと雰囲気変えるためにくだらない話をしていこうと思います。

気分転換大事。正直卯衣さんのこととかあまり酷く言ったりするの好きじゃないし出来ればしたくないんだけど、まあ、ち○こま○こ言わせるのが全部悪いよ。

 

 

さて。じゃあつり乙おもしろ話いこうか。

つり乙おもしろ話って言っても全部自分の話だからおもしろいのは僕だけなんだけどね。

まず、僕は中学生の頃からずっと好きだった女の子がいたんですよ。

今になって思うとホント最低通り越してゴミクズなんだけど、今の恋人と一緒になってからもなかなか諦めつかなくて色々過ちを犯したりしてたわけなんだけど。

まだつり乙始めたての頃の僕はルナ様ルートを一番最後にしてたのもあって、ルナ様のキャラクターがいまいち掴めてなくてなんかその昔の好きな人と雰囲気似てんなーとか思ったりしてた。ルナ様ルートやる頃にはいや全然違うわって思ったけどね。

 

まあそういうことがありつつ、僕が初めてコミケNavelブースでお買い物した頃まで遡ります。朝日のおしりマウスパッドの予約してた時のコミケね。

で、その時のグッズにカレンダーがあったんだよ。

つり乙キャラクターの誕生日が初めて載るグッズだったからめちゃくちゃ楽しみにしてたの。

んで買い物終わって観光終わってホテルに帰ってから早速グッズを確認しようってカレンダー開けたわけよ。

Navelのカレンダーって4月始まりだから、いつかなぁって丁寧に一枚ずつ捲っていったんだ。

10月を越えた辺りから心がざわつき始めた。いやまさかねと思いながら最後のページに到達した。

3月に入って目を滑らせる。ここら辺はもう本当に緊張して心臓がバクバクしてた。

……27日。

 

ルナ様の誕生日が昔の好きな人と同じだった……

 

渇いた笑いが出た。そんな冗談みたいな偶然あるかよ……

勿論カレンダーは恋人と一緒に見てた。一瞬で空気が冷えたのがわかった。

あの空気は一生忘れられない。

因みにルナ様の雰囲気が昔の好きな人に似てるって話、フォロワーとスカイプでやり取りしてたときに言っててその発言を見られた上でのこれである。

 

ホテルのダブルベッドで並んで寝てるのに死ぬほど距離を感じた。

それからしばらくはルナ様のお誕生日を祝いたいと言うと絶対ダメって言われてた。

 

今はもう僕も昔の好きな人に対してなんとも思ってないし恋人も僕がルナ様ルナ様言っててもなんとも思ってなさそうだし特になにか言われることもなくなったけど、本当に理解のある人で良かった……

 

今でこそめちゃくちゃ面白いなって思えるけど当時は本当にヒヤヒヤものだったよ。こんな偶然もあるもんだな……偶然でももうこんなこと起きないでほしい。

 

 

昔のこと思い出してちょっとしんどくなったしこのまま終わると大変つらいので妄想小話を適当に放り投げて終わりにするね。

 

 

なんらかの理由で体を鍛えることになった才華くんがほんのちょっとうっすらと筋肉が割れてきてエストに話したらお腹見せてって言われて
朝陽の姿のままで見せたばっかりにキモいと言われたものの、恋人としての時間に(つまりはセックス)「朝陽の姿のままで割れたお腹を見るとどうしてもガッカリしてしまうけれど、こうしてウィッグも取って服も何も身につけていない才華さんそのままの姿だととっても素敵だと思う」ってことあるごとにエストにお腹とか触られて欲しいし
エストはときめきを覚えていつもより高揚してて欲しい。
才華くんは才華くんで男として褒められたことを心の中で喜びつつもお腹とか異様に触られると耐えられないからやっぱり鍛えるのやめようって思って欲しい。

 

エステル・グリアン・アーノッツは妹がいちゃいちゃしようとする雰囲気を察知する能力に長けてて欲しいし、ことあるごとに部屋に入ろうとしたり二人の間に入ろうとするなり邪魔して欲しい。

いよいよ邪魔されまくってどうにもならなくなったエストは早朝才華くんの休むベッドに忍び込んでおみんみんをみんみんして欲しい。

起きて驚いた才華くんに「だってお姉ちゃんがいつも邪魔に入ってもうこの時間しかないと思ったの」と言いつつ最後まではせずに存分に焦らして欲しい。

才華くん損しかないけど焦らされてるときの才華くん最高にかわいいから仕方ないね。

 

例のごとく欲しいものを書いただけの駄文だ。これください。

 

 

よし。これでちょっとは空気を変えられたんじゃないかな!!流石に毎回Disな内容だとこっちも疲れちゃうからね!!

次回は卯衣チャレンジで更新する予定だよ。また酷評だけどね!!!

 

 

アストラエアの白き永遠Finale(落葉アフター)

どうもこんにちは僕だよ。前回のブログで言ったとおり今回は落葉アフターについて書いていこうと思います。

今回めちゃくちゃ酷評だから書く意味あんのかなって気もするけどまあ、しかたないよね。

 

ではまず全体の感想から。

このアフターやるんじゃなかった……

前作ではりんねルート解放するために幾つかのルート先にやらないといけなかったからプレイしたものの結構気に入ってたんだよ、落葉。

なんだか酷いものを見てしまった後はもうなんか以前のように気に入ってるとは言いたくない感じあるよ。

そしてりんねアフター同様内容が薄い……いや、りんねアフターはまだクロノスとしての活動してるくだりがあったから落葉ルートは内容が無いと言っても差し支えない。

ホントに。全編セックスしたいだけの猿が理由つけてセックスしたい気持ちを誤魔化そうとしたけどやっぱりセックスしたかったのでセックスしましたって感じ。いやーキツいっす。

 

細かい部分の話もしていこう。

共感能力で妹の葉月にも影響を及ぼしてるという設定はまあ理解はするけどそれでも年端の行かぬ女の子に無自覚とはいえ性的な誘惑とか言動とかそういったことをやらせてるのを見ると普通にドン引きしますわ。

しかも後半は共感能力関係なしに葉月もおにいちゃんとエッチしたい(尚エッチがなんなのかは理解していない模様)って言わせてたしこのシナリオライター頭おかしいんじゃないの???

普通はこれで喜ぶもんなの??ロリコンじゃないから普通に無理だ。

あと落葉と陸は子供の前でセックスとかの話をするんじゃねぇよ殺すぞ。

歳がすごく離れてる妹にヤキモチ妬くのも姉としてどうかと思う。そういう意味でもアフターの落葉はダメダメお姉ちゃんどころかダメダメ人間でしかない。

 

アダルトシーンもなんとも言えない仕上がりだった。

まず一回目のアダルトシーンで最後までやらなかったことに納得がいかない。アフターはアダルトシーン二つしかないのにその内の一つは最後までやらないってどういうことだよ。

しかも一回目のアダルトシーンは裸エプロンだったのに胸の間で挟み込んで胸を露出したりだとかエプロン捲り上げながら脚を開くとかそれもう裸エプロンである意味ねぇだろうが!!!わかってなさすぎる。

あとくぱぁじゃねぇよ殺すぞ。もはやネットスラング然とした表現を書かれるとふざけてんのかって気持ちになってしまう。

地獄のようなアダルトシーンだった。

共感能力で落葉の心の声が伝わってくるって設定はすごくいいのに肝心の台詞がなんとも言えない。くどいってレベルじゃなくてつらい。もっとうまく使えたでしょうにこの設定って思うだけに残念だった。

あとエッチ禁止令のくだり天丼がいい加減しつこすぎる。これもくどい。

 

アフターの終盤で取ってつけたように能力を使いこなせるようになりたいって良い話風に演出してるけどただセックスしたいから使いこなせるようになりたいだけだし良い話風に仕立て上げるな。

とはいえ最後の方に初めて落葉が主人公のこと名前で呼んだとこ、めっちゃ良かった……

どんなに酷いものでも最後に一つでも心くすぐられるところ見せられると許してしまう。

 

……エピローグでそんな気持ちも消えていったわけだけど。

本当に最後の最後まで酷かった。三人でお風呂とかいろいろしんどい。エピローグで早く終わってくれって思うことなかなかないよ。

未来を考えると頭が痛くなってくる仕上がりにするの逆にすごいと思うし最後に三人で家族なんだからってサラッと言うけど落葉ちゃん、君のお父さんは家族には含まれてないの……???能力を抑制する指輪まで改良して送ってくれたのにその仕打ちは酷いよ……

 

……もう何も言うまい。正直ここまでガッカリすると思ってなかったから結構落ち込んでるんだよ。出来れば酷評とかしたくないし……

うん。本当にこのアフターやるんじゃなかった……

 

f:id:tonight0216:20170815101841j:plain

 

 

アストラエアの白き永遠Finale(りんねアフター)

最近は卯衣チャレンジばっかりだったから今回は感想文書きましょうね。

今回はアストラエアの白き永遠Finaleです。買いたてほやほやで一発目起動したらいきなり前作のネタバレ食らったところでりんねルート以外やってないこと思い出した。

一周目ルート固定っぽくて辟易してたらフォロワーにパッチ当てたらアフターに直行できるって教えてもらいました。大変助かりました。ありがとう。

というわけでサクッとパッチ当ててりんねアフターからやり始めました。

 

ではまず全体の感想からいこうね。

 

このアフターいる???

 

いや内容なさすぎてびっくりしちゃったよ。まあアフターなんだから別に内容なくてもいいかもしれないけど、それにしても内容がなさすぎて笑っちゃったわ。

結果的にお姉ちゃんと出会って終わりだったよ。父親の手掛かりとかお墓の場所とかそういうの探りましたって描写あったのにエピローグで二人でお墓参りしましたまる、みたいな一文で終わらせるのおかしいでしょ。そこ掘り下げるべきだったでしょ。

まあアフターなんていちゃいちゃするに終始すればそれでもオッケーなのかもしれないんだけどねえ……それにしてもボリューム足りなさすぎてガッカリした。

 

しかもいちゃいちゃしてればそれでオッケーなのにその肝心のいちゃいちゃも特筆する点が何もない普通のありふれたアダルトシーンでシナリオ薄いことよりも個人的にガッカリした。

前作のアダルトシーンが本当にめちゃくちゃ最高だっただけにこれは本当にガッカリ通り越して怒りすら沸いてくるレベル。

シナリオも微妙なのにアダルトシーンも微妙ってそれもう褒めるところないじゃん。

まあでも、お下品な固有名詞を言わせないだけで僕的には高評価だよ。

あとなんかモノローグがホント微妙。アダルトシーン要所要所に星明りに照らされていやらしく光って~みたいな描写とか早漏じゃなくてりんねとの相性が良すぎてすぐ出ちゃう~みたいな描写とかホントいらないんだよなあ……

アダルトシーン以外でも主人公のモノローグがいちいち的を外してて気持ちが萎えた。

 

 

期待してたのになんか悲しい気持ちになった……しかもブログに貼りたいのにFinaleのHPの方碌なCG置いてなくて前作のHPの方から持ってきちゃったわ。

流石にガッカリしたまま終わりたくないから前作でも結構気に入ってた落葉ちゃんのアフターもやってみようと思いました。多分次の更新はそれになるかな?りんねアフターがこんだけ短いんだからサクッと出来るでしょうし。

 

はぁ……

いや本当に。

 

このアフターいる???

 

f:id:tonight0216:20170814115322j:plain

 

 

卯衣チャレンジ(ルナ様と添い寝CD朝日向けトラック)

不定期開催企画第二回。前回同様ルナ様と添い寝CDだよ、今回は朝日向けトラック。

 

とか言いつつ昨日エストのアフターのアダルトシーン見てたら普通に見たくなってルナ様のアダルトシーン見ちゃったんだけどね。まあでも折角なんで過去の作品も改めて見聞きしたいし不定期にやっていくね。

聴けるようになったと言ってもまだルナ様だけっぽいし最終目的は全部の作品を今まで通りに聴けるようになることだからね!!!淫語含んでるのはどうしようもない気もするけど!!!まあその辺も追々ね。

 

じゃあ感想書いていこう。取り敢えず朝日向けトラックの方が軽めだった。

まずやっぱり自分は主導権握られるのめっちゃ好きなんだなあって思った。

卯衣さんでドSキャラってすげーいい。ちょっと低めの声色はズンッと腰にクるものがある。たまらん。

もっとこういう感じのキャラ演って欲しい。割と元気系多いからなあ。

ぺろぺろするところも良かったし旦那向けトラックでもそうだけどベッドの軋む音とかシーツが擦れる音とかの環境音がいい仕事してんだよなあ。これが気持ちを尚昂ぶらせるわ。これが抱き枕カバーの特典って贅沢だよなあ。

 

久し振りにアダルトシーン見たりもしたけどなんか付き合いたてのアレコレ見るとぎこちなさすぎて微笑ましい。し、時間経ってて頭からすっぽり抜けてるから新鮮な気持ちで見ることが出来たかな。

因みに昨日は『男の子オブリージュ』、『星の王子さま』のシーンを見たよ。つり乙のルナ様ルートの二回目のアダルトシーンだね。

なんかこの初々しくて微妙な距離感がきゅんと来るんだよなあ。くっつきたくて部屋に来たのに前置きがめちゃくちゃ長かったりするのもルナ様の年相応な乙女さが見られてかわいい。

やっぱりモノローグの機微がすっごい好き。綺麗すぎてうっとりしてしまう。特に『男の子オブリージュ』はなんかちょっとした文章がたまらなくて。

僕は行為に及ぶ直前の、お互いに熱を持った微妙な雰囲気がめちゃくちゃ好きだからこういうところ丁寧に書いてくれるのめちゃくちゃ嬉しい。

 

 

さて。ルナ様のなら余裕でえっちな声聴けるようになったな。やーホント良かった。

ただここで見誤るとまたどん底に堕ちそうなのでまだしばらくは思い出しついでにルナ様関連の聴いていこうかな。というよりもつり乙やり直してもいいかもしれない。

最近はこれから発売される新作ゲームにも結構出演決まってるし楽しみが多くて嬉しい。少しずつでもやっていけたらいいなあ。

 

 

卯衣チャレンジ(ルナ様と添い寝CD旦那向けトラック)

久し振りにエストアフターの好きなシーンしてふわっふわしてるトゥナイトだよ。

今回からトラウマ克服企画始めるよ。卯衣さんのえっちな声ちゃんと聴けるようになりたいからね。

ただ続くかどうかは自分でもわからない見切り発車だから今回で終わるかもしれない。

 

取り敢えず今回はルナ様なら普通に軽いのなら聴けるだろうということでつり乙りろシリーズの特典CDから攻めてみようと思う。

記憶を頼りにいい感じに軽めだった気がするルナ様の添い寝CDの旦那向けトラック。

添い寝CDって言うくらいだしピロートークだよ。

このCDの良い所はルナ様が旦那、もしくは夫って呼ぶところだよ。つり乙2の月に寄りそうシチュエーションCDはあまりにも催眠オナニーCDのような感じだったから本当に安心して聴ける。

ルナ様が旦那、夫と呼ぶ人間は未来永劫一人しかいないからね。ルナ様は自ルート以外だと絶対人生の伴侶とされる人を作らないからね。学生時代の朝日のあの献身と愛情を持ってしてやっと人を好きになるんだから朝日がいなければまず学生時代にそういう相手は出来ないだろうし学生で出来なかったらデザイナーとして動き始めたら尚そんな機会はなさそう。才能と献身と愛情を持ってる朝日や遊星さんじゃないとダメだったんだよ。

 

話が逸れてしまった。

取り敢えず順当にトラック1から聴き始めた。開始10秒で音を上げかけた。危ない。

とにかく最初からルナ様の声色が甘すぎて動悸が……

でもこういういちゃいちゃ感すっごい好きだからいつの間にか気にならなくなった。

このCD聴くのホント何年振りレベルってくらい聴いてなかったからなんか途中から感動を覚えてしまってちょっとホロッと泣いてしまった。

つり乙2のみんなが大人になった親世代として見る事が最近は多かったからこういう恋人としての距離感に懐かしくてたまらなくなった、恋人としてこなれ始めた辺りだから余計になんかじわーって来てしまった……ところでトラック1が終わった。

 

トラック2入ったらもういきなりしんどくなった。緊張で息苦しくなって何かがこみ上げて来る感じがして休憩挟まないとちょっと本格的になってくると無理そうだった。

でもここで聴くの止めたら克服にならないじゃんって思って継続したけど結果的に最後まで聴けたから良かった。

ルナ様でこれくらいの軽い感じなら全然聴けそう。

 

なんか久し振りに卯衣さんの喘ぎ声聴けてめっちゃ感動。一時期は神聖視しすぎて下品なの許容出来なくなってたからなあ……

卯衣さんのえっちな声聴いても心が動かされなかったらって思うと余計聴けなくなってた時期もあったから今回普通にドキドキしてて真面目にホッとした。良かったねホント……

でもこれで調子に乗って淫語バリバリな感じの聴いたら普通に死にそうだし段階踏んで慣らしていきたいね……取り敢えずしばらくはルナ様しか聴けなさそうだけどがんばろうね。

 

というわけで不定期企画だけど次はルナ様と添い寝CD朝日向けトラックかな?

 

ホント、がんばろうね。

 

 

月に寄りそう乙女の作法0

そういえば今日八千代さんのお誕生日ジャンと思ったけどユーザーアンケート探してたらもう23時44分だった。多分誕生日終わるまでに書き終わらなさそうだけどブログ更新しようね。

てかユーザーアンケートどこよ!!!!!!褒めちぎらせろよ!!!!!ツイッターで言えないこととか直接言いたいんだよ!!!!!

 

まあいい。てなわけで今回は月に寄りそう乙女の作法0だよ。

やーまずみんなかわいい。

今回は衣遠兄様の学生時代のお話なんだけどなんか普通に学生だった。衣遠兄様も人並みに苦悩とかしてたんだなあって思うと愛おしさ湧いてくるよね。

つり乙0やってからつり乙やるともう衣遠兄様出てくるたびに愛おしさしかこみ上げてこない。

てか八千代さんとくっつけよ。

 

今回新キャラも出てきたけどこれもまたなかなか濃かった。教会で二人で対峙するとこすっごい良かった(小並感)

それよりとにかく気になるのがクリスマスのアフターにセックスがあったかどうかだよ。因みに僕はあって欲しいけど実際はなかったんだろうな派だよ。

アルタに関してはいつまで衣遠兄様に執着し続けたのかが気になる。一応ジャンの元を離れてるからそのタイミングが乙りろ辺りの大蔵のお家騒動が落ち着いた頃なのかなとか考えると興味深い。落ち着いて目の色が変わってしまって興味を失ったのか一生執着し続けるのかあの二人の関係はまだまだ知りたいことが多すぎる。

てか八千代さんとくっつけよ。

 

八千代さんに対してもアルタに対しても言ってたけど衣遠兄様の好きな人も気になる。好意を捨てたのか未だに好きでいるのかもすごく気になるよね。

相手はまあ、あの人なのかなって確定はしてないけどそうなのかなって思う人はいるけどそれが合ってるのか間違ってるのかもわからないけど僕はその人であって欲しい。

なかなかに複雑だし向こうからは一切好意とか持たれてなさそうなアレっぽいけど、うん……

てか八千代さんとくっつけよ。

 

あとは遊星さん出てくるところで普通に泣いたし衣遠兄様が遊星さんに救われるだけの土壌は小さい頃から既に出来上がってたんだなあって嬉しかった。

 

 

さて。今回はモノローグ一切ない演出だったけどテンポ良くてほぼ止まることなく一気にプレイ出来たなあ。とは言え僕は東ノ助氏のモノローグ好きだし、台詞に出てこない衣遠兄様の気持ちみたいなのには触れてみたかったなあって思ったかな。

あとはア・ラ・ブトロニカが流れてるシーンも含めてめっちゃ気に入った。早くサントラ欲しい。

 

ちょうど八千代さん生誕でツイッターで繰り広げられてたSSでとても胸がきゅっとなったし衣遠兄様は早く八千代さんとくっついて。

プレイ中もあの二人のイベントですごくやきもきしたしあの微妙な距離感好きだけどもどかしい。ホント早くくっついて。

あと普通に八千代さんの誕生日終わるまでに書き終えられなかったしホントに衣遠兄様は八千代さんとくっついて欲しい。

 

f:id:tonight0216:20170809000324j:plain

 

 

月に寄りそう乙女の作法2.1(ダブルアイリッシュ)

何故か勿体ぶって更新できずにいた。あとエストアフターやり終えてから連日ふわっふわして地に足が着いてなかったのでとてもじゃないけど文字を書ける状態じゃなかった。

しかしこのままではいつまで経ってもつり乙0が出来ないのでどうにかこうにかブログ書いていくよ。

というわけで今回はエストアフター。これはねぇ、個人的にめちゃくちゃ良かった。ホント最高。

普段は感想文書くために思ったこともメモしつつプレイしてるんだけど没頭しすぎて普通に忘れてた。

 

エストアフターはとにかく多幸感がすごかった。でもいちゃいちゃだけでなく真面目要素も多かったから中弛みとか無く楽しめた。パル子といいエストといいご両親に挨拶に行く才華くんクソ真面目でホント格好良い。すき。

 

会話とかもなんか掛け合いというか言葉遊びみたいなのがとても良かった。

『・3・』での「王子様のキスで目覚めさせるよ」「寝込みを襲うなんて卑怯者(中略)この部屋では、私の許可を得てからにして欲しい」「待って。部屋を出る前に、目覚めのキスを私にしなさい」

『試練とか言っちゃうやつ』の「フルスイングでバットをぶつけようものなら(中略)後ろに転んでしまうと思うの」「じゃあ今はグラスをぶつけよう。乾杯」

『僕たちのがぶりエル』の「私が勝ったら、またデートに誘ってね」「それなら、僕が勝った場合は、またデートに付きあってね」

みたいな。挙げ始めたらキリがないし実際に読まないと良さがわからないやつ。とにかく小気味良くてこういう会話すごく好きです。

 

 

いせたんとジャス子のくだりもめちゃくちゃ面白かったけど二回目辺りでこの動画がすごい頭に浮かんできた。

youtu.be

まあでもかわいいからなんでもOKだしエロゲで百合カップル生まれるってホントすげーよな。パリで幸せに暮らして欲しい。

 

 

今回はアダルトシーンがね、ホントヤバかった。東ノ助氏は僕の好み熟知しすぎじゃない???ってくらいの最高のアダルトシーンだった……こわいね……

前回も書いたかもしれないけど個人的にはセックスはコミュニケーションだと思っててじゃれあいの延長みたいなセックスが大好きなんだ。今回のアダルトシーンは正にそんな感じで真面目に理想のセックスだった。

肉欲快楽没頭100%より遊びの延長みたいな、冗談とか言って笑い合いつつお話を挟みつつ没頭しつつみたいなセックスが大好きなんだよ。

特にキスシーンが最高で、エロゲにありがちな無駄な水音満載な感じじゃないんだよ!!欲しかったのはこういうのだよこういうの!!!

いや勿論無駄な水音満載なのも嫌いじゃないけど今回みたいなアダルトシーンだとこれが『効く』んだよ。

あとは『殺したまへ』のスチルの才華くんのお尻に回したエストの手がとても良かった。

とにかくエッチだけど楽しくて充足感たっぷりで素敵なセックス見させて貰って本当に嬉しかった。

今までのもそうだけどホント東ノ助先生どストライクしか放り投げて来ないのこわいよ。もっとください。

 

もっとくださいついでにここで妄想垂れ流し。

桜屋敷から花火が見られることを知り、エストと二人で観に行こうと誘う才華くん。
準備ができたからと連絡を受けて部屋まで行くとアトレに着付けてもらって浴衣を着たエストが出てきてちょっと、というかだいぶドキッとして欲しい。
んで庭で二人で花火を観ながらも才華くんは「そういえばエストが髪の毛まとめてるところとかあまり見たことなかったな」ってめちゃくちゃ意識して花火よりエスト見てて欲しい。
エストのうなじ見てるところをエストに見られてからかわれて笑われて欲しいしその流れで「今夜は部屋を使ってもいいし余りに遅くなるようであればそのまま泊まってもいいと許可は得ている」って誘って、
それでも私は着付けの仕方がわからないとエストが言うと
「着付けなら僕もできるから大丈夫だよ」
「最初からそのつもりだったんだね。最低。ケダモノ。変態。」
みたいなやりとりして欲しいしなんやかんやで行為に及ぼうとルナ様の部屋に行こうとしたら部屋の前で「でもここはお母様の部屋なんでしょ?それはちょっとやだ」
ってエストに言われて悩んだ挙句に朝日の部屋へ行ってしまう才華くんとエストを見たい。


実は昨日辺りにフッと降りてきたけどツイッターで言うには文字数が少なすぎてどうしようかと思ってたけどここで垂れ流してみた。
エストアフターの衣装から着想してそういえば桜屋敷から花火見るイベントがあったなと思い出して妄想が膨らんでいったけど記憶がおぼろげすぎて本当に桜屋敷から花火見るイベントあったっけ?
と疑心暗鬼になってしまい結局つり乙起動して虱潰しで探して確認してしまった。瑞穂ルートに該当のイベントがあって安心した。そもそも桜屋敷で見られる設定がないと二人で花火を見るというイベントを発生させるのが極めて困難すぎる。
才華くんの身体のこともあるし何より上流階級の人間がわざわざ人の多い花火大会とかには参加しないだろうからなあ。


もっと自分に文才があれば創作として書けたのかもしれないけど自分の頭の中で勝手に動き回るけどそれを明確に表現する術を持たないので大変困る。割と台詞もざっくりとは思いつくけどそれを正確に構築できない。
シナリオライターってホントすごい。いつかこういうのください。

 

 

そしてパル子のときもそうだったけどノスタルジーがすごい。

昔は自分も割とかっこつけだったからちょっと恥ずかしいって思う部分もあったけどなんか、いつからかっこつけるの辞めてしまったんだろうってしんみりした。

でも東ノ助氏の文章読むとなんだかシャキッと姿勢を正したくなる。ちゃんとしよう大切にしようって思うけどエロゲを恋人と仲良くするためのツールにはしたくないんだよなあ。望まなくとも結果的にそうなってしまっているから始末に負えないけど。ぐぬぬ

とか悩みつつさっきの花火のくだりでイベント探しつつつり乙の冒頭の部分見直してたらスタンレーの、「こうしたい、こうなりたいという思い。そんなのが胸の奥にポッと芽生えた時点で、それは誰のものでもない。それこそを君の意思って呼ぶんだぜ、少年」って台詞で心が救われた気がしました。これでいいんだ。スタンレーは良い事しか言わないなホント。スタンレーは髪の毛長い方が好きだよ。

 

 

ちょっと今回長くなりすぎた。しかも半分くらいエストアフター関係ないな!

と言っても本当に良かったよエストアフター。ときめきが濁流のように流れてきて堤防決壊だよ。

しばらくはふわっふわしてそうだけど明日はたまらなくなったのでアイリッシュパブ行ってくるね。

 

f:id:tonight0216:20170723011432j:plain