今晩Works

基本卯衣さんのゲームしかやってないエロゲ感想ブログ

絆きらめく恋いろは(朱雀院椿)

どうもお久し振りです。去年の暮れ頃にアルプラザやるって言ってたけど、今はもうアルプラザやらなければつり乙は終わらないって認識で生きてるからしばらく熟成させることにした私です。いつか心が落ち着いたらプレイしようと思います。

 

さて、というわけで今回は絆きらめく恋いろはの感想書いていきます。

まずはシステム周りから。バックログからシーンジャンプできないことが不便だったのとお気に入りボイス登録ってのが出来るんだけど上限が100個で少なすぎることと、アイキャッチが多すぎることを除いては普通な感じだった。

ちょっとこのゲーム専門用語多いからTIPSは出す設定のままにしてたけど結果的に殆ど読んでなかった。邪魔って訳でもないけど気が散るなーって思ったら消してもいいかも、割と本筋とは関係ないどうでもいいものの解説も多かったし。

あと選択肢の少なさとわかりやすさはプレイしやすくてとても良かった。

 

 

じゃあシナリオについて書いていこうね。

今回の卯衣さんは学園最強の年上幼馴染!

刀道<じんどう>で他の追随を許さない学園最強お姉ちゃんだからそこらへんを主軸にしたシナリオだった。

学園最強って言うと聞こえはいいけど、由緒正しい家系に生まれて負けることを許されずに育ってきたからそうならざるを得なかったといった感じのキャラクターでした。

まあとにかく中盤からメインヒロインやら何やらがメキメキと力を付けていって終始かなり危うい感じの流れだったね。いいよ心の弱い子大好きだよ。

ヒロインの心がへし折られる姿って見てるととてもしんどくなるけど見たいって思っちゃうよね。特に今回みたいに最強を謳ってるキャラはベッキベキに心砕かれて欲しい。

でも負けるところは見たくないって思うワガママな心よ。

 

って言っても今回のは這い上がれないくらいどん底に叩き落されてなかったけどさ。

……そうなんだよ。そこがちょっと今回の残念ポイントなの。

終始危うい感じで来てて確かに心は折られたけど結構立ち直りも早くてもう少し葛藤というかもがき苦しんでる姿を見たかったなと思った。

まあ這い上がれなかったらゲームとして成り立ってないんだろうけどもっと溜めの部分が欲しかった。朱雀院の家に縛られてたけどあっさりしがらみから解き放たれちゃったからなあ。

でも話の流れはとても良かったし。要所要所の台詞とかすごく好きなところも多くて熱いところはしっかり熱いし楽しめました。

特に告白シーンが良くって。試合には勝ったけど勝負に負けて心砕かれた椿さんにまだ諦めてない主人公が励まそうと優しく自分の気持ちを伝えて、そこでようやく今まで身の内にのみ隠し続けてた椿さんが自分の弱さを吐き出して。最後の最後にボロボロに泣きながら搾り出した「私も……あなたが好き……」っていうのがもう刺さりまくって。

 

あとは視点切替が多くてヒロイン視点のモノローグで心情とかもしっかり見られてそこらへんもすごく良かった。

椿さん視点で特に気に入ったのは、試合で折れた椿さんの刀を使って主人公が新たに刀を打ってるときのイベント。椿さんの中にあるドロドロとした女の部分がすごい熱量で書いてあってモノローグだけでかなり昂りを覚えました。

刀打つイベント二回あったけど最終的にそのドロドロとした劣情を抑えることが出来ずに主人公にぶつけてしまうのも含めて大変お気に入りです。

 

あとはこのゲーム自体がバトルメインなので卯衣さんの絶叫とか呻き声とか楽しめて個人的にはすごく良かったと思います。

絶叫だけじゃなく冷淡になったり汚い言葉使ったりと卯衣さんであまり聞くことの出来なかったものが聞けて新境地。個人的にはすごく良いゲームでした。

 

 

アダルトシーンについてはもう文句のつけようがないくらい良かった。

いつもの卯衣さんに比べて全体的に今回の卯衣さん声に色気があるというか、いつもよりめっちゃエッチだった。もうこれだけで最高最高。絶頂の時の声色かわいすぎてヤバかった。死ぬ。

プレイの内容もよかったし破瓜好きじゃない僕でも今回はだれずに読めました。

エンディング終わってから解放されるEXシーンもベロベロに甘い声色の癖にめっちゃ翻弄してくる卯衣さんの演技を楽しめるしシチュエーションもめっちゃ好みでホントもう死ぬかと思った。

ただ主人公の台詞におま○こ出てきたときはスッ……と真顔になってしまったけど最後まで卯衣さんの声でそのワード出てこなかったからホッと胸を撫で下ろした。おち○ちんはあったけど。

でもやっぱり改めて思ったけどホントにマジで卯衣さんの声が好き。大好き。

 

 

前回プレイした空色イノセントといい今回の絆きらめく恋いろはといい、最近は割と当たりなゲームばっかで大変嬉しい。この調子で楽しい卯衣さんゲームもっとしたいね。

次はおとぼく3かI×SHE Tellのどちらかをしてみようと思ってます。

発売された今でもおとぼくに卯衣さんが出る時代になったのかあと感慨深くなってしまうね。それではまた。

 

f:id:tonight0216:20180310223820j:plain